賢くリフォームしたい方へ

>

効率よく省エネするには?

省エネリフォームの必要性

国は、地球温暖化を防止するための、二酸化酸素排出量削減のために住宅の省エネリフォームを推進しています。
それだけでなく、省エネリフォームには、光熱費の削減や住宅自体の耐久性の改善、断熱性のアップによる室内環境の向上など多くの効果が実現できるのです。
まず、断熱された部屋は、冷暖房にかかるエネルギーを大幅に削減することができます。
夏場は、日射の遮蔽性能を上げる事で冷房が効き、エネルギー効率をあげることができます。
具体的には、窓ガラスを複層ガラスにする、又カーテンやブラインド等によって遮蔽性能を上げることが出来ます。
窓だけではなく、ドア部分にも断熱性の高い素材や構造にする事で、省エネルギーにつながります。

他にどんなことをして、どんな効果がある?

屋根や天井の断熱性能を上げるために、天井裏や屋根の裏に断熱材を使用します。
更に、壁の断熱性能を上げるためには、室内又は室外どちらかの表面を一旦はがしてから断熱材を施工することが必要となります。
そのため、耐震などのリフォームと合わせて施工することが効率的です。
床の断熱性能を上げるためには、床をはがさずに床下から断熱材を張り付ける工法があります。
断熱性能を上げ又室内を気密化することにより、防カビ効果や防ダニ効果を得る事が出来ます。
更に部屋と部屋の間の温度差が少なくなり、ヒートショックを和らげるのにも役立ちます。
そして何より一番なのは、これらを施工することにより冷暖房効率が上がり、光熱費を削減することができるのです。


TOPへ戻る