賢くリフォームしたい方へ

>

そもそも助成金制度とは?

助成金を支給されるための条件とは?

一緒に住んでいる者に介護が必要となった場合、住まいのバリアフリー化は必須です。
そのためにバリアフリー工事を実施する時に、介護保険によって上限金額20万円の中から9割が助成金として支払われます。
受給に関しては、次の条件を満たす必要があります。
要介護認定で要支援、又は要介護の認定をされている事と、改修する住宅の住所が被保険者証の住所と一緒で、本人がその家に居住している事です。
実際の改修工事には次のような物があります。
まずは、手すりの取り付けです。
廊下やトイレ、居室、浴室、玄関等の転倒の予防、更には移動、乗る動きを補助することを目的として設置するものです。
手すりの形には縦付け、横付け、二段式等その用途に合ったものを使用しましよう。

具体的にはどの様にリフォームする?

次は各室間の床の敷居を低くしたり、スロープを取り付けたり、浴室の床の嵩上げ等をして移動の際の段差の解消をします。
更に居室の畳を板製の床材、ビニル系床材等に変更したり、浴室の床材を滑りにくいものへの変更したりして、対象者が滑るのを防止します。
又、扉全体を使い勝手の良い物に取り替えたり、ドアノブの変更や、動きを軽くするために戸車の設置等を行います。
和式便器を暖房、洗浄機能等が付いている洋式便器に取替えます。
そしてこれらの補強が行えるように壁の下地補強や、浴室の床の嵩上げの為の水回りの工事、床材の下地の補強、柱の改修、便器の取替えに伴う工事等を行います。
バリアフリーリリフォームには、各自治体によって異なった助成金制度が設けられていますが、障害者として認定を受けている方の場合ほとんどが適用されています。


TOPへ戻る