賢くリフォームしたい方へ

>

将来地震来た時、あなたの住宅は大丈夫?

まずは耐震診断を

我が家の耐震性が気になっている人は、まず耐震診断を受けましょう。
まず耐震性で一番重要なのは、その建物がどの様な地盤に立っているかです。
海や川、池等が近くにある土地や、山の斜面に後からつくられた造成地などは、地震に弱い傾向があります。
建物の形状は、正方形や長方形などの単純な箱の形をした物の方が、地震に強いと言われます。
そして、複雑な形をした建物は、地震のが起きた時、その力が分散できずに一部分に集中する為、ゆがんだり亀裂等が生ずる事が多く見られます。
1981年6月以前に建てられた建物は、耐震基準が古い為、大きな地震か来た際、最悪、倒壊につながる事も考えられますので、早めに耐震リフォームをする事をお勧めします。
更に2000年以降に建てられた建物は耐震性が高く、大きな地震が来ても倒れる可能性は低いでしょう。

実際にはどのようなリフォームを?

耐震リフォームで行われる主な工事の内容は、基礎が無筋のコンクリートだった場合は、それに鉄筋のコンクリートをかぶせて一体化させて、更にひびが入っている箇所の改修を行います。
又、建物の土台や柱が腐朽、シロアリによる被害等を受けている場合は、土台を新しくしたり、柱の根継ぎをして修繕します。
その際、柱や土台には耐震用金具を使うことがポイントです。
また、新しく使用する木材には、防腐や防蟻の処理を行います。
壁の補強には建物の壁が横から加わる力に弱いいわゆる間仕切り壁の場合には、筋交いや合板を新たに取り付けて補強することで抵抗力の強い壁に変えることができます。
これは木造住宅、プレハブ住宅でも使われる工法で、そうすることで横から加わる力に対して住宅を守ることが出来ます。


TOPへ戻る