賢くリフォームしたい方へ

助成金制度を利用してリフォームをする

そもそも助成金制度とは?

今や、インフラなどでも、しきりに推し進められているのが、バリアフリー化ではないでしょうか。 一般の道路等と同時に、一緒に住んでいる者が要介護となった場合、住まいでもバリアフリー化をしていきたいものです。 だけど具体的にはどの様にすれば良いのでしょうか?

効率よく省エネするには?

光熱費の削減をしたり、住宅自体の耐久性を改善したり、断熱性のアップによる室内環境の向上をしたり、省エネリフォームには多くの効果が実現できるのです。 リフォームには、費用がかかりますが、それにより長い目で見れば節約につながるのです。 助成金を賢く利用して上手く出費を抑えましょう。

どうすれば良い?バリアフリー化

親の介護のために今住んでいる自宅をバリアフリー化したい、光熱費節約のため省エネ性能の優れた家にリフォームしたい、今後の地震が心配なので耐震診断や耐震リフォームをしたい、こう言う時、皆さんはどうしますか?家のリフォームには高額なお金がかかるので、リフォームが必要としているにも関わらず、費用の面で二の足を踏んでいる方もあるのではないでしょうか。
しかし皆さんご安心下さい。
こう言う時の為にこそ、国や地方自治体による助成金の制度があるのです。
助成金制度は、その工事費の一部分を負担することで、国や地方公共団体が推し進めようとする一定水準の住宅を普及させることを目的としています。
バリアフリーや省エネ、耐震等、リフォームには、それぞれの国又は自治体によって、その時々に合わせた助成金が用意されています。
又、それ以外の一般のリフォームにも助成金を設定している自治体がありますので、補助金額や条件を知りたい場合には、各自治体に確認しましょう。
もちろん補助金を受けるには、それなりの条件があります。
居住用の住宅の場合、劣化の改善や耐震性向上、省エネ化が条件となります。
バリアフリーが目的の場合、障がいのある方、又は介護認定を受けている方が生活する住宅であることが条件になります。
太陽光発電の機材の設置は、地方自治体によっての補助金制度が異なりますが、ほとんどの場合、工事費用の上限や申請の時期が決まっている事が多いので、自分の住んでいる自治体又はリフォーム業者に問い合わせをするようにしましょう。

将来地震来た時、あなたの住宅は大丈夫?

地震大国とも言われる日本ですが、近年、時として大きな地震に見舞われる事も数度ありました。 また何時、地震が来るかもしれませんが、そんな時一番気になるのは、自分が住んでいる住宅の免振機能ではないでしょうか。 今のうちにキチンとしておきたいあなたのために、上手く助成金を使って耐震リフォームをしましょう。

TOPへ戻る